まずはじめに

婦人科へ生理だと思い込んで安心していたら実は不正出血だったというケースも少なくありません。

早めの受診をお勧めします。

婦人科への受診

ときもありますが、自己判断をしてしまうと、病気のサインを見逃してしまうかもしれません。

早めに婦人科の診察を受けましょう。

腫瘍と出血

婦人科の勧め不正出血が有ったら婦人科に受診することを強くお勧めします。

子宮の腫瘍は、良性と悪性があります。

良性の場合の病気は、子宮筋腫・子宮膣部びら ん・子宮内膜症・子宮内膜ポリープ子宮頸管ポリープなどの病気があります。

子宮膣部びらんは性行後に出血したり、おりものの増加、排尿時に痛みを伴ったりします。

治療を良性 のものは完治します。

子宮頸がん・子宮肉腫・子宮体がん・膣がん・卵管がん・外陰がんなどがあり、不正出血は大きな病気のサインとなるので、自己判断せずに出来るだけ早く婦人科にかかるようお勧めします。

生理

生理後の不正出血は、ホルモン異常などが原因で起こります。

生理と生理の間に起こる出血は、排卵(期)出血といいます。

子宮の未発達などで生理のときに血液が残ってしまうことがあり、それが生理後にある茶色っぽいおりもののような出血になります。

出血も多くなっていて発熱や腹痛を伴います。

更年期

50歳前後には急激な女性ホルモンの低下が起こり、いわゆる更年期出血も多く見られます。

リンク

不正出血について


家庭料理レシピ


サプリメントの選び方


トップへ